奄美の島唄

諸鈍長浜節(一名「ヒヤルガヘー」)

 大島から沖永良部まで、今も盛んにうたわれている歌である。北大島一体ではこの歌を「あさばな節」の次にうたうようである。その理由はわからない。
 島歌の通にいわせると、この歌はウタシャの本物かどうかを見分ける一番の歌だという。たしかにこの歌は、リズムと歌詞とが一分の好きもないくらいにぴったりしていて、一度、文句をはぐらかしてしまうと、もう最後まで付けられなくなってしまう。この点、他の歌だと、言葉の一音を伸ばしたり縮めたりして、ごまかしごまかし曲についていくことも不可能ではない。つまり、島歌はリズム(寸法)を大切にするから、リズム感がすぐれているかどうか、この歌を聞けば、すぐに分るというわけである。
 この歌でうたわれる歌詞には次のようなものがある。
諸鈍(しょどん)長浜に 打ちゃげ引く波や 諸鈍女童(みやらべ)ぬ 笑い歯ぐき
 (加計呂麻、諸鈍の長浜に、打ち上げては引く波は、諸鈍の乙女の笑った時の歯ぐきのようだ。)

※福島

○諸鈍長浜ぬ いきゃ長さあても 池治*1きょら浜ぬ 上やきらぬ
 (諸鈍長浜がどんなに長くても、請島の池治のきれいな浜の上はいかない。)

※同

○諸鈍女童や 雪のような歯ぐき いちが()や暮れて み口吸をか
 (諸鈍の乙女は雪のような歯ぐき、早く夜になって、そのみ口を吸いたい。)

※同

 このように、わが南島にも、昔から「くちづけ」があったのかと、何かしらうれしくなるような文句もある。
 ところで、この歌を沖縄の個展「諸屯節」と結び付ける人がいる。たしかに曲名の諸屯は諸鈍と無関係ではないだろうが、歌詞や歌唱形式を見る限り、直接につながらない。
 私はむしろ、この歌の流れを考える場合、沖縄の歌で無視できないのは、「醜童(しゅんどう)踊り」に用いられる「しょんどう節」ではないかと思う。なぜなら、この歌では「諸鈍長浜節」の歌詞がほとんどそっくりうたわれるからである。
 それと、この「醜童踊り」が美女醜女の仮面をつけた踊りだということは「諸鈍芝居」との関連を想起させるにおかないであろう。「諸鈍芝居」も仮面の踊りだからである。

 「諸鈍」が「醜童」に変化したというのは、どうにも面白くないが、それだけ沖縄の人々の間に諸鈍芝居の仮面の印象が強くあったのだと私には考えられる。

<参考>
 この歌のうたわれ方。
/~しょどぬながはまに うちゃげひくなみやヒヤルガヘ
 ハァレしょどぬみやらびぬ わらいはぐち ウッセヒャルガヘ


*1 池地か?
トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-03-06 (火) 18:45:51 (3564d)