[[奄美郷土研究会/例会]]

第324回例会のお知らせ
第326回例会のお知らせ

 今春「名越左源太の見た 幕末奄美の食と菓子」が発行されました。著者の今村規子さんに講話をお願いしました。名越左源太の「遠島日記」を解読したと聞いています。
 今回は、今期で鹿児島短期大学を退官されます西村富明氏がお世話になった当会に、これまでの研究の成果をご報告したいとの申し出があり、下記の要項で開催します。

:日時|10/17(日) 15:00〜17:00
:日時|2/13(日) 14:00〜16:30
:場所|奄美図書館4F研修室
:発表|今村規子(虎屋文庫研究主幹)
:演題|「鶏飯と幕末奄美の菓子」
:講演|西村富明氏(鹿児島短期大学)
:演題|「奄美群島近現代史における行政差別政策について」
:資料代|別途100円程
:交流会|予定会費3,000円

図書館の駐車場は限りがありますので、バスか乗合をご利用ください。
トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS