奄美郷土研究会/会報/三十号〜三十九号

第三十号

(平成2年9月)

巻頭言「会報特集号に寄せて」亀井 勝信1
目次2
特集恵原義盛先生と奄美研究
1 恵原義盛先生と奄美民俗研究山下 欣一3
2 恵原義盛先生と奄美民謡研究松原 武実16
3 恵原義盛先生とわらべうた研究小川 学夫21
4 恵原義盛先生と奄美方言研究倉井 則雄28
5 恵原義盛先生とケンムン研究高橋 一郎32
6 恵原義盛先生著作論文等目録重江 良彦 編42
公文書から見た南島漂着 乾隆七年「唐人滞在中日記」の場合久倉 京子53
西郷隆盛の竜郷の藤長あて書簡山田 尚二64
瀬戸内町の歴史資料小林 正秀71
島のくらし・沖永良部 2清村 杜夫82
沖永良部島における救急搬送の現状近藤 功行90
奄美名音集落の子供遊び田畑 千秋109
平成元年度会務報告倉井 則雄154
会員名簿事務局156
次号原稿募集編集局160
編集後記編集局160

第三十一号

(平成3年9月)

目次1
沖永良部 瀬利覚の百(ヒャー)について吉峯 義人2
西南戦争と奄美山田 尚二6
碇家(名瀬市浦上)所有の「地券」について西村 富明11
徳之島の地名と文化 −亀津を中心として−(1)徳富 重成17
島のくらし・沖永良部島(3)清村 杜夫48
蘇鉄物語文  西村 サキ
写真 西村 盛立
58
奄美名音集落の八月歌 −流れ歌篇−田畑 千秋65
奄美方言のなかの南方伝来語
−日本の民族・文化のルーツをさぐる−
倉井 則雄126
平成二年度会務報告倉井 則雄143
次号原稿募集編集部144
会員名簿編集部145
編集後記編集部151

第三十二号

(平成4年8月)

特集島尾敏雄先生を偲ぶ
1 島尾敏雄先生を思う亀井 勝信3
2 一縷の望みむなしく求 哲次5
3 島尾敏雄先生を偲ぶ 1・2・3・4・5倉井 則雄7
4 島尾文学の根とは藤井 令一15
5 島尾敏雄先生追悼会南海日日新聞より17
6 島尾敏雄氏の追悼会各地で藤井 令一18
7 島尾敏雄 覚書 1・2進 一男20
8 島尾敏雄文学碑が除幕南海日日新聞より25
9 島尾敏雄文学碑の除幕に出席して 1・2元野 景一27
10 島尾敏雄先生略年譜編集部31
沖永良部島瀬利覚の百(ヒャー)宗岡家の紋章について吉峯 義人36
近世の道之島に関する一考察森 紘道38
日本・奄美の文化の中の南方的要素倉井 則雄48
沖永良部島の神社信仰先田 光演61
島のくらし・沖永良部島(4)清村 杜夫79
生勝におけるヒニャンガナシのしきたりと伝説稲 牛憲86
本田メト嫗の伝承本田 碩孝88
徳之島の地名と文化−尾母を中心とした徳富 重成94
有良の海辺民俗語彙(ごい)求 哲次112
平成三年度会務報告・次号原稿募集事務局117
会員名簿西村 富明 編119
編集後記倉井 則雄125

第三十三号

(平成5年8月)

地名から歴史を発見
−シネリキョ・シネリヤ地名に挑む−
牧野 哲郎1
奄美のカネク・グスク・サト・マキョ・クダについて牧野 哲郎6
黒潮文化圏を考える−黒潮に乗ってきた南方文化倉井 則雄12
沖永良部島の発展先間 政明47
復帰資料「奄美群島政府は何をなしつつあるか」(泉 芳朗)解説 西村 富明47
徳之島の正月と神々−人生儀礼と信仰徳富 重成61
おもろさうし清村 杜夫76
沖永良部島ニシミ(上城)の鳥居のある墓の話吉峯 義人77
久志集落に伝わる「マーバラウヮ−−−」の仕来り稲 牛憲79
本田メト嫗の昔語り本田 碩孝80
民具−結物(ゆいもの)・生活用具のいろいろ奥田 純夫108
三絃独奏曲「せりよさ」・奄美のうた六曲清村 杜夫108
奄美文化の源流と博物館下野 敏見113
南島・牛物語−クティをめぐる方言とその今昔久倉 京子117
有良の海辺民俗語彙(ごい)(2)求 哲次123
会員の出版案内・次号原稿募集編集部129
平成四年度会務報告倉井 則雄131
会員名簿事務局132
編集後記編集部138

第三十四号

(平成6年9月)

宇検村屋鈍神社文書先田 光演1
十島村の沖縄戦菊池 保夫12
中之島から大島への公用船山田 尚二19
「大島石油(株)」の沿革西村 富明21
島の成り立ち「沖永良部島」先間 政明27
蘇鉄(茎幹)澱粉の採取実験記録徳富 重成31
有良の海辺民俗語彙(3)求 哲次50
奄美大島本島方言の音節(音声)について石崎 公曹60
奄美「行きゅんにゃ加那節」とチベット「鳥葬の歌」をめぐる諸説編集部87
「会報」掲載資料総目録(分類別)入佐一俊氏提供108
恵原義盛著作論文等目録重江 良彦123
大山麟五郎著作目録重江 良彦132
会員の出版案内・次号原稿募集編集部136
平成五年度会務報告倉井 則雄138
会員名簿事務局140
編集後記編集部146

第三十五号

(平成7年9月)

太平洋戦争と奄美諸島竹島 忠男1
奄美諸島への発光事件菊池 保夫20
戦時下の思い出松元 勇喜29
西郷吉二郎の政照あて書簡山田 尚二32
屋仁川の歴史・赤線の灯消えるまで倉井 則雄36
奄美の「炊の灯」考 古事記伝の中の「あまだ」など久倉 京子44
火と灯りの暮らし 有良ムラを中心に周辺の事など試論求 哲次50
ヌレグチ(呪い口)稲 牛憲68
折田かつ嫗(貴鼻島*1)の昔語り本田 碩孝69
インタビュー「犬田布騒動記」刊行の周辺間 弘志79
福建省三弦の旅清村 杜太*288
文英吉著作論文等目録重江 良彦 編89
私の著作論文等目録倉井 則雄100
平成六年度会務報告 会員の出版案内事務局105
次号原稿募集・受贈図書事務局107
会員名簿事務局108
編集後記倉井 則雄113

第三十六号

(平成8年9月)

歴代宝案と奄美諸島平 和彦2
西郷菊次郎の履歴書山田 尚二10
戦後初期の世相点描倉井 則雄22
カナダ船遭難先間 政明32
知名・白浜事件
−佐多・蔓膳両氏殉職−
先間 政明33
戦時中の資料
−宇検村芦検区長文書から−
先田 光演35
集団自決の場所 −奄美諸島から−菊池 保夫62
島・船そして旅得岡 誠二郎72
北部ラオス民俗紀行登山 修84
下北半島恐山イタコ訪問記清村 杜夫93
昔話採集余滴
−昭和五九年大和村にて−
登山 修97
シマのお月祀り
−ウヅキマツリ−
城 利文104
奄美文化研究会に参加して山下 欣一106
わが著書を語る皆村 武一108
「奄美の振興開発
住民からの検証」について
吉田 慶喜110
故甲先生の業績と人となり山口 喜慶112
「奄美民俗の研究」発刊に寄せて登山 修113
研究会参加始末記関根 賢司115
しまうたの深さ末次 智117
ワトキンス文書について杉原 洋119
喜びと悲しみを綯いまぜにして
−伊集田実と熱風座−
間 弘志124
松田清執筆活動五十年史(上)
−昭和六十三年まで−
松田 清143
平成七年度会報報告竹島 忠男158
会員の出版案内編集部159
受贈図書、次号原稿募集事務局長161
会員名簿事務局長162
編集後記編集部167

第三十七号

(平成13年5月)

橋本進吉博士のP音説を実証する沖縄・奄美の言語倉井 則雄1
中国苦力貿易船と琉球諸島平 和彦6
南西諸島における田芋栽培について先間 政明13
「かゆ」という漢字城 利文17
伊平屋島探訪記孝野 武志18
喜界島の住民銃殺命令菊池 保夫22
宇検村須子の大原家文書(廻島文書)先田 光演27
皆吉家文書(和泊町皆川 皆吉龍馬氏所蔵)先田 光演41
しまことば 西古見方言収録(1)富山 万寿喜54
随想数篇稲 牛憲59
わが村共同体 アラヂ畑とトン働き(1)求 哲次61
刳舟挺身隊(弾薬輸送隊)−沖縄への挺身連絡−菊池 保夫64
「永良部ユリ」栽培の歴史先間 政明70
海音寺潮五郎の作品に見る奄美方言
「西郷隆盛」および「歴史随談」から
久倉 京子72
新屋敷幸繁と奄美東 健一郎79
聞き書き 沖縄の大島劇団間 弘志88
亀井勝信著作論文等目録(第一次未定稿)重江 良彦 編112

*3

第三十八号

(平成14年5月)

「モソ(檬俊)人の女神山祭への誘い」雲南省少数民族の神話と習俗登山 修1
中国・琉球交渉史雑感−東シナ海で考えたこと−平 和彦4
我が先祖尚徳王関連について孝野 武志9
道と魔よけ義 冨弘31
奄美のわらべ唄・他−生勝における童うた−稲 牛憲31
沖縄脱出兵と沖縄奪還刳舟挺身隊菊池 保夫36
クリ舟の製作奥田純夫氏遺稿45
私の中の聖なる島・奄美59
昭和五〇年台における在京奄美青年達の郷土研究の状況
−奄美講座を通して−
前平 彰信63
奄美の夜明け星 −藤村前吉−先間 政明63
岩倉市郎の業績東 健一郎80
平成十・十一・十二年度例会発表記録事務局87
会員名簿本部90
編集後記編集部95

第三十九号

(残念ながら資料が手元にありません)


*1 喜界島の誤植?
*2 杜夫の誤植?
*3 続きがあるのかもしれません
トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-11-30 (金) 09:36:17 (3946d)